PicLens: Discover More

piclens

こないだからインストールしていたSafari用プラグインPicLens
Googleのイメ検が楽しい+Flickrの閲覧が楽しい、程度に使ってまぁ例によってインストールしてた事自体忘れだしてた昨日、FFFFOUND!のrecommendページでも使える事に気づいた。


検索結果やFlickrページのHTMLとかXMLとかAPIやらをゴニョゴニョした結果、あーいう体験を提供してるんだと思ってたオレはもしかしてとんでもない勘違いをしてる?


PicLensの説明を読んでみたら(つか最初に読めよ、と)Google+Yahoo!のイメ検、FlickrやPicasa Web Album、そしてMedia RSS (mRSS)を提供するサイトで使える、だそうです。
というわけで、早速mRSS吐こうと思ってゴニョゴニョしてたらPhotonでポストしてたので不要なimgタグが混ざってる事に気づいた。仕方がないので吐き出したXMLを整形するPHP書いて投稿後にいちいちそのPHPを自分で叩く事にして、とりあえず対応させてみた


対応したHTMLページを開いて画像にロールオーバーすると見慣れないボタンが画像左下に現れます。このボタン以外を押すといつも通りにページ移動しますが、ボタンを押すと
piclens0.jpg


iPhotoの様に画面が暗くなりながら画像が飛び出して
piclens0.jpg


こうなります。
piclens0.jpg


で、ちゃんとした説明は本家のトコを読んでもらうとして、とりあえず実装してみた適当な憶測で書くと


HTML
[header]
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="タイトル" href="photos.xml" />
[body]
<a href="リンク先URL"><img alt="photo" src="画像URL" width="100" height="100" /></a>


XML (mRSS)
<item>
<title>リンク先のタイトル</title>
<link>リンク先URL</link>
<media:thumbnail url="サムネイル画像URL" />
<media:content url="画像URL" type="image/jpeg" />
</item>


HTMLとXMLのリンク先URL+画像URL(またはサムネイル画像URL)が一致した時に機能するっぽい。(たぶん)
でも、月間アーカイブ、個別エントリーページでは反応しなかったから何か他にも要因があるのかもしんない。


こーいう派手なエフェクトをみると「どーせMacだけでしょ?」ってトツカさんとかに言われがちですが、全く同じ使い勝手で(閉じるボタンの位置が違うくらい)Firefox2.0 + XP or Vistaでも動きます、動くんですよ!
(Firefox版はこっち
イメ検が新しい体験になるこのプラグイン、Safari(Mac) or Firefox(Win)ユーザーの方は是非。


「ほしのあき」と早速タイプした貴方には残念なお知らせですが safe=off にして検索してもPicLens画面に移行すると safe=on の検索結果が表示されますよ。

iphotos.jpg

iLife ’08(iPhoto7)ではPhotonプラグインでの書き出し時にiPhotoが落ちてしまうのでiPhoto6と共存させる事にした。


ライブラリの保存形式が変わったみたいで仕方なく、iTunesと同じようにoption押しながら起動して投稿用ライブラリを作成した。
Appleは時々、こーいう普通気づかない方法でオプションを用意してくるから困る。
右クリックの「このアプリケーションで開く」もoption押すと「常にアプリケーションで開く」に変わったり、そもそも初めてMac触った人間はCtrl押しながらクリックで右クリってわかんねーよっ!
shift押しながらのスローなExposeは何ッ?FlashでActionパネル開こうとして間違えるとスゲーまったり、しかも予約受付中。


話それましたが、基本iPhoto7で管理して投稿するファイルだけを一旦デスクトップとかにコピーしてiPhoto6option起動で投稿用ライブラリからポストする事で何とかしのぐ事に。
ちなみに同時起動は不可、マンドクサイ。


で、見分けがつきやすい様にアイコン変えるかなぁ、と思ったら実は微妙に違ってました。

safari_ff.jpg
「これまでのテレビ(左) これからのテレビ(右)」ではなく、「Firefox(左) Safari(右)」です。


フォトログの方をいじってて色んなブラウザでチェックしてる時に何か色が違うなぁと思って調べてみたら画像のICCカラープロファイルを解釈出来ないブラウザ(Mac版Firefoxとか)だとモニタのカラープロファイルで表示しようとして色あせた様に表示されてしまうそうです。
初めて知ってビックリしたんですけど、まさかこれって常識?


でもこんな風な事も書かれてるだけに本来ならsRGBにすべき?


解決法はPhotoShopでちゃんとカラープロファイル変換すればある程度は誤差を狭めれるようですが、iPhotoから簡単書き出しを目的で作っただけにその手間はちょっとあり得ない。
iPhotoでそんなプラグインありませんか?


で、やっとフォトログの方にアーカイブページを追加しました。